日焼け対策は夏だけでいいの?

トップページ 日焼け対策は夏だけでいいの?

日焼け対策は夏だけでいいの?

日焼け対策と聞くとまず夏が思い浮かぶと思います。しかし日焼け対策や紫外線対策は、本当に夏だけで良いのでしょうか。今回はこのテーマで扱いたいと思います。夏の時期は日差しが強いことから容易に理解できると思いますが、最も紫外線が強く降り注いでいます。しかし他の季節でも意外に紫外線は多く降り注いでおり、実は夏だけの紫外線対策では足りないのです。

 

それでは月毎の紫外線量と1日の中での紫外線量について扱いたいと思います。まずは年間の紫外線量の推移ですが、春先の3月にぐっと増えて、6月にピークを迎え、8月までは強い状況が続き、9月以降でようやく減少し始めます。そして1日の中での紫外線量の推移ですが、午前10時には紫外線がかなり強いレベルに達し、午後3時ごろまでそれが続きます。加えて曇った日であっても紫外線は私たちの肌にダメージを与えています。

 

真夏の炎天下で海に行ったり山に行ったりしているならば、紫外線対策が必要だという印象を強く受けると思いますが、曇った日や春や午前中でやると、紫外線が強いという印象を受けないかもしれません。そのため対策を怠りがちになりやすいのです。しかし実際は雲があったとしても、晴天時の80%の紫外線が地表に降り注いでいるのです。

 

それで外出するときには、洗濯物を取り込むような、比較的短い時間であったとしても肌には相当な量の紫外線が注いでおり、それに伴ってダメージを受けているということも覚えておくと良いでしょう。